ハヤンとほまれと六未 嵐のあと

嵐のあと


一昨日の春の嵐、凄かったです


そんな嵐から一夜明けた昨日、朝まだ風の強い中散歩へ出たら

 (何箇所かで木が倒れていました) 

ハヤンと私、黒い物体を発見

近づくまで何なのかお互いにわからなかったんだけど

なんとニャンコ!!

「死んでる?」と思わず思ってしまった私だけど

ハヤンが興奮して近づいたら頭がグンニャリ。

「おぉ、生きてるーっっ!!」


ハヤンと一緒じゃ近寄れないので

 (とりあえずニャンコを見るとちょっかい出したくなるハヤン) 

ハヤンを一旦家に連れて帰って、もう一回戻って触ってみたら

やっぱり生きてる!!

しかも、一応怒ってるカンジなんだけど、

四肢には全く力が入らず、頭も持ち上げようとしても

首がだらりと伸びたままでグニャグニャ。

「こりゃ、ダメかも・・・」


それでもそのまま置き去りにすることが出来なくて、

 (考えナシの私) 

家に連れて帰って猫缶をあげてみるも、食べない。

 (ほまれは具合が悪かったときしか食べたことない猫缶) 

「やっぱりこのまま・・・」とまたも悪いイメージを思い浮かべるも

旦那ちんが出勤前に動物病院まで送ってくれると言うので

(どうもありがとう!!) 


ダンボールへ入れて病院へ。


急患扱いで診てもらって、初期診断は「神経がやられているのかもしれない」とのこと。

原因は、毒物とか交通事故や高いところから落ちて頭を強く打つとか、、、みたいです。

ちゃんと検査するのにお預かりしてくれるということなので

昨日は一旦預けてきました。


で、今日。

お昼前にニャンコに面会へ行った私。

グンニャリしていて「もう二度と立てないんじゃないか」と心配していたけど

昨晩一度立ったそう

検査の結果は、まず「低体温」。

連れてきたばかりの段階では、体温が32度以下で計測不能。

(いつ死んでしまってもおかしくなかった状態だそう)

手当ての結果、昨晩からヒーター等で管理しながらも38度台をキープ。


「肝機能の低下」

これは、血液検査の結果からなんだけれど

正常値よりも倍以上(中には5倍も!!)高いそうで

慎重に様子を見ているとのこと。


「筋肉の損傷」

これも血液検査からなんだけれど

筋肉が損傷していると数値が上がるものがあって、

それが通常の10倍以上で計測不能。

ただし、現段階で撮ったレントゲンやニャンコの状態からみると

骨折などはしていないそう。


以上のことから、弱っているところで交通事故に遭ったか

転落したのか、、、ということが考えられるそう。(もちろん逆も)

(他にもカリウムが低下)

体重も2.7kgしかなく、ほまれよりも見た目で一回り小さかったです。

でも、頭を強く打っていたらこれからどんな症状が出るかわからないけど

元気になる可能性はあります、と言ってもらえました。

よかったー

また面会に行くつもり



ライン


うちで面倒が見れるわけじゃないのに ついつい手を出してしまった私。

今の段階では、我が家に迎えることはハヤンが攻撃をしかけることも間違いないし

また、ハヤンが多大なストレスを受けることも間違いないので考えておらず

元気になった段階で野良ちゃんとして放すつもりで獣医さんにも話しています。


全く人馴れしていなくて、ニャンコにとって私に触られたことは

多大なストレスだったことは間違いなかったはず。

(ごめんね、ニャンコ)

ごはんも自分から進んで食べないのはきっと警戒心から。

(強制的に口に入れると飲み込むそう)

でも、元気になりそうでヨカッタ


オスかメスかは先生調べてなかったみたいで

今度見ておいてくれるそうです。


20120405
携帯で撮ったニャンコ。ぜんぜん顔わかんなーい


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もずく

Author:もずく
千葉県在住。
家族は犬1、猫2、旦那1の5匹構成。
愛犬と愛猫のむやみに増える写真処理を兼ねて細くなが~くのんびりやってきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
↓ 人気ブログランキング 犬猫多種飼い バナー 人気ブログ


にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村



Instagram