ハヤンとほまれと六未 ラブラドール(イエロー)/メイ(仮名)

ラブラドール(イエロー)/メイ(仮名)


動物との共生を考える会 ONE にて

ラブラドールレトリーバーを

千葉県富里愛護センターより引き出しました。


20131102-7


推定2~3歳の女の子です。

まだ私は会っていませんが

明日訓練なので会えるかも!?

なのでその時は写真撮ってきますね

詳細は

引き出しを行ったONEのブログ ⇒ 『 DOG=GOD

メイちゃんの預かり先 まろ母さんの ⇒ 『 まろっちのブログ

をご覧になって下さい。

冨里愛護センターの現状についても記載されています。




犬も猫もみんな

ペットは小さな体で

人の言葉も喋りませんが

私たちに与えてくれる笑顔や癒しは

とてつもなく大きなものです。

終生飼育が当たり前の世の中になって欲しいです。



今日の ほまれと六未の様子はこちら ⇒

コメントの投稿

非公開コメント

No title

h人懐こい表情のラブですね。
なぜセンターに行くことになっちゃったんでしょうか?
関東でラブを中心にレスキューなさっている方のblogをチェックしているんですが、同じレトリバーでもゴルは早く里親さんが見つかるけどラブはハードルが高いそうです。
盲導犬のイメージがあるのが実際とのギャップを感じさせちゃうのかなぁ?
ゴルでもラブでもシェパでも同じ大形犬。きちんと教えるべきことを教えないと手に負えないのは同じなんですけどね~
メイちゃんは小柄そうだしまだまだ伸びしろたっぷりありそうなので
良い里親さんに巡り合って欲しいですね。

でもひねくれ者の私はこう言うラブとかはまだ恵まれているように感じてしまう。ラブとかゴルとかは成犬でも引き出される確率が高いんですよね。まぁ熊本のような田舎だからかもしれませんが・・・
熊本市で収容されている子はほとんどが中大型の雑種犬です。
もう1年以上もセンターで暮らしている子が何頭もいます。中には3年以上の子も。収容された時はまだ若く元気だった子も年老いていくとますます里親が見つかる可能性は低くなります。
中には力尽きてしまう子もいるんです。
まぁ初めて犬と暮らす人が大きな犬は躊躇するというのもわかるんです。でもセンターでしつけを入れて飼い易さ二重丸の子も取り残されてしまう。雑種だから・・・
実際「難しいだろうな」と思うシェパや土佐犬は里親募集が出されると同時に引き出されています。
適正飼育50頭のセンターは現在70頭を超える飼育が慢性的。今年はとうとう処分が行われてしまいました。今後シェルター完成予定ですが基本処分を行わないのであれば収容数は増えるばかりですよね。
もっともっと小さな命に目を向けてくれる人が増えることを祈るばかりです。

Re: さぎっちょさん

メイは、放浪していたところを通報され
捕獲された犬です。
収容期限まで待ったのですが、飼い主さんは迎えに来ず
ひどい甘噛みがあったため、譲渡対象からも外れてしまい
大型犬を専門で引き出しているONEが、引き出しを行いました。

残念なことに、千葉県では連月ラブラドールがセンターに
収容されます。
そして他にも多くの犬が遺棄されるため、センターは飽和状態。
次から次に殺処分・・・というのが現状です。

仰る通り、メイは恵まれていると思います。
だって、こうして命が助かったから。。。

雑種を作ったのも、純血種として色々な犬種を作ったのも
全て人間なのに、小さな命が人間に翻弄されて命まで奪われる
のが日常的となっているのはおかしいですよね。

どんな犬も、きちんと教えるべきことを教えないといけない、
そして終生飼育が当たり前となって欲しいですね。
プロフィール

もずく

Author:もずく
千葉県在住。
家族は犬1、猫2、旦那1の5匹構成。
愛犬と愛猫のむやみに増える写真処理を兼ねて細くなが~くのんびりやってきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
↓ 人気ブログランキング 犬猫多種飼い バナー 人気ブログ


にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村



Instagram