ハヤンとほまれと六未 2016年05月16日

ほまれのこと


昨日の手術で


20160516-5


無事耳の出来物を採取し


20160516-1


お家へ帰って来たほまれ。


20160516-2


エリカラで視界が狭いのに


20160516-3


みんなにチュンチュンされ


20160516-4


ちょっと辟易していたのでした~。


ライン


ほまれを心配して下さり

沢山の応援をありがとうございました。

採取したものの検査結果と抜糸は

一週間後の予定です。


ただ、それとは別によくないお知らせが。


実はほまれ

FeLV(猫白血病)が陽性でした。

5年前からこの時まで

拾った時に検査してもらい

全てが陰性だったと思っていた私たちにとって

この結果は青天の霹靂で。。。


更にお迎えした時に陰性だった六未に

恐らく感染させてしまったことを思うと

もう申し訳なくて申し訳なくて。


でも、ほまれがうちに来てくれた有り難さには

何ら変わりありません。


ただ、全身麻酔で予定していた手術には

大きな変更を余儀なくされました。

それは、FeLV陽性の場合に全身麻酔を使用すると

ウイルスを活性させてしまう可能性が高いためです。


なので一旦は病院を後にしていたのですが

この連絡で急きょ先生と相談。

陽性だと分かった以上

ますますリンパ腫でないか確認は必要だけど

耳という大変敏感な場所であるため

局所麻酔+鎮静剤で切除を

と提案されたのですが

確認すると鎮静剤も

100%ウイルスに対して作用がないとは言えないらしいので

こちらから立ち合いを提案し

局所麻酔のみで直径1cm程を切除

そして3針皮膚を寄せて縫いました。


術中ほまれは本当に我慢してくれて

私のことをジッと見つめ

目を細め続けたほまれ。


どうしても嫌で頭を振って抵抗し

目の前に出した手に噛みついた際も

私の手だと一瞬で悟り

皮膚が凹むほども力を入れないまま手を離し

そして私の手をぺろぺろと今度は舐めて

必死に自分を落ち着けようとしてくれて。。。

もう、ただただほまれを誇りに思いました


まだまだ気持ちが混乱していて

まとまりがつかない文章で申し訳ないのですが

今はただ

検査結果がリンパ腫でないことをひたすらに願っています。

そしてこれから先は

ウイルスに負けず

長生きしてもらえる様精一杯尽くします。



2つのランキングに参加しています!!

下の画像↓↓それぞれをクリックしてもらうと

それぞれのランキングにポイントが加算され

順位UPにつながります

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

クリックすると

ランキングページに飛んでしまってお手数ですが


↓ 人気ブログランキング 犬猫多種飼い
バナー 人気ブログ

どちらの画像もクリックしてもらえると

更新の励みにもなりますし

とっても嬉しいです



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

もずく

Author:もずく
千葉県在住。
家族は犬1、猫2、旦那1の5匹構成。
愛犬と愛猫のむやみに増える写真処理を兼ねて細くなが~くのんびりやってきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
↓ 人気ブログランキング 犬猫多種飼い バナー 人気ブログ


にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村



Instagram